エラスチンの効果で肌ハリアップ! サプリで飲む必要性は?

エラスチンの効果で肌ハリアップ! サプリで飲む必要性は?

肌のハリや潤いアップには「エラスチン」が効果的とされています。
コラーゲンと同じくらい大切であるにもかかわらず、体内で生成できず年齢を重ねるほどに減っていくというエラスチン。
エラスチンのサプリを摂取することで得られる効果を薬剤師の斎藤さんに解説いただきました。

エラスチンの効果で肌ハリアップ

エラスチンはコラーゲンと同じ真皮を構成する繊維状のタンパク質で、肌のハリや弾力を支えています
ただし、赤ちゃんの段階で生成され、あとは年齢とともに低下する一方の成分です。
そのためにエラスチンの摂取が必要なのです。

 エラスチンは肌の弾力を維持

アンチエイジングに欠かせない「エラスチン」は、皮膚の弾力性を維持するだけでなく、重力や体重の増減などで伸びてしまったたるみからの回復にも機能しています。(1*)

真皮の大部分を占める繊維状タンパク質である「コラーゲン」を束ねる役割もあり、コラーゲンが伸び縮みしないかわりに引っ張りに強いとすると、エラスチンはしなやかな伸縮性を持ち、弾力性があるのが特徴です。

そんな肌に重要な役割を持つエラスチンは、乳児の頃に生成されますが、基本的にそれ以降は生成されることはないとされています。
そのため、20代からは著しい減少を辿ります。
さらにエラスチンは代謝に約70年かかることから、ターンオーバーを期待することもできません(*1 *2 *3)。

減少の要因は加齢や紫外線、ストレス、糖化による変質などが挙げられますので、紫外線対策や適切な食事、良質な睡眠などのケアも必要です。

エラスチンは血管の状態を改善

エラスチンは肌だけでなく、血管や靭帯など体内の「しなやかさ」や「弾力性」が求められる箇所に多く分布しています。

動脈硬化の研究でもエラスチンの重要性が説かれています。

エラスチンは心臓から身体中に血液を運ぶ動脈にも多く含まれています。

エラスチンが減少することで動脈が硬くなることから、動脈硬化の予防にもエラスチンのストックが重要(*4)です。

動脈など血管の弾力性を保つことで、血液の巡りは格段によくなり、高血圧や生活習慣病の予防にも役立ちます。

さらに肺の機能にも同様にエラスチンが大きく関わっている(*5)など、エラスチンが必要とされている器官は実はとても多いのです。

エラスチンにより血管の弾力性を保持することで、健康面だけでなく美容にも大きなアドバンテージがあります。

まず、血流がよくなることで、毛細血管も強くなり、細胞に栄養が行き渡ることで、くすみやクマの改善が見込まれます。

血行が悪いと髪も細く薄くなり、爪も割れやすくなるので、その改善にもなり、全体的なアンチエイジングに繋がるのです。(*6 *7)

 エラスチンはサプリでの摂取が効果的

エラスチンは全く水に溶けず、扱いが難しいため研究の進みが遅いという事情があり知名度が追いついていませんが、重要な成分です。摂取の方法としてはサプリメントが推奨されています。

エラスチンは服用で肌に効果

エラスチンは分子が大きいため、塗布することで肌から吸収されることはないと報告されています。(*2)

しかし口から服用するという摂取方法をとったところ、8週間後には血中におけるエラスチンの増加、皮膚の水分量と弾力性の増加(*8)や12週間でしわの軽減、肌の水分量の増加、メラニン指数の低下(*9)という研究結果が出ています。

そのことから、サプリメントの服用で、肌の潤いとハリ、美白に効果が期待できます

エラスチンサプリは夜に摂取がオススメ

エラスチンサプリを摂取するのに効果的な時間は夜です。

肌の回復は成長ホルモンが促進される睡眠時に行われるため、サプリメントは入眠2〜3時間前に摂るのがよいでしょう。

一緒に摂取すると効果的なサプリ

肌のアンチエイジングのために、エラスチンと一緒に摂取すると効果的なサプリメントは「コラーゲン」と「ポリフェノール」です。

エラスチンとコラーゲンは共存関係にあるため、どちらか一方だけではなく、双方を増やすことでより効果が得られやすくなります。

また、ポリフェノールはエラスチンとコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

コラーゲン

身体を作っているタンパク質の3割、真皮に至っては7割を占める重要成分が「コラーゲン」です。

コラーゲンは特にたるみへの抵抗力が強く、ピンと張った若々しい肌をつくっている成分です。

コラーゲンは繊維芽細胞から新しく作り出され、古くなったものは酵素などで分解されていきます。

真皮のコラーゲンが代謝するのには約2〜6年かかるといわれますが、40代以降になると新しくつくられることはほぼなくなります

そのため、コラーゲンはどんどん古くなり、量も減っていき、しわとたるみの原因となります。

真皮でこのコラーゲンを束ねているのがエラスチンであることから、どちらが減少しても硬さが進行し、しわが増え、ハリのない肌になってしまいます。

ハリと弾力の相乗効果を得るには両方を摂取することがオススメです。(*10 *11)

ポリフェノール

高い抗酸化作用をもつことで知られるポリフェノール。

エラスチンの減少要因でもある紫外線は、体内の活性酸素を増やしますが、ポリフェノールはその活性酸素を取り除き、肌トラブルを防いでくれます

さらに、ポリフェノールはエラスチンやコラーゲンの真皮での定着を促すことがわかりました。(*12)

大動脈壁でのエラスチン合成もポリフェノールで促進されることが報告されているため、エラスチンとコラーゲンの効果を高めるためにもポリフェノールを一緒に摂るのが良いでしょう。

 X(旧ツィッター)での肌改善口コミまとめ

エラスチンサプリで実際に肌の改善を実感した方はいるのでしょうか? 

Xでの改善例をまとめてみました。

(一部抜粋)

エラスチンサプリで肌改善の口コミ

サプリで採るならエラスチンもオススメ、務めていた所で手荒れの酷い私が実験で飲んだら周りがびっくりするほど良くなった 

 

エラスチン飲み出していろいろ良くなったからなー

最近改良型飲み出してから唇の荒れともおさらばしたわ

 

肌の質感が明らかに良くなった。数日前に足し始めたサプリはエラスチンとココナッツオイルだからどっちかの効果だ。たぶんエラスチンの方かな…

最近ビタミンBとCと、ヒアルロン酸&エラスチンの入ったサプリ飲んでるんだけど、半端なく肌の調子が良くなった…インナーケア馬鹿にできない…

 

コラーゲンとエラスチンで美肌効果UPするし続けてると分かりやすい程

肌もそうだけど、髪のハリやコシも変わってきて欠かせないアイテム

エラスチンサプリでたるみ改善の口コミ

エラスチンとコラーゲンのサプリも飲んだら、結構ほうれい線改善されて嬉しい

肌が引き締まってハリも戻ってきた

 

エラスチンは肌のたるみとかにも効くのでアンチエイジングには欠かせない。

ただ、コラーゲンが低下してるとエラスチンの効果ってかなり激減するから+αでコラーゲン入ってると良いよねって感じ。

顔に関しても同じですね。

ビタミン系よりも僕は使ってるかも。

 

全体的に肌の調子があがったという方はもちろん、ほうれい線などピンポイントでたるみの改善、さらに髪にコシが出たなど全身のアンチエイジングに効果があったとの声がありました。

まとめ

・エラスチンは肌の弾力や潤いに効果あり

・エラスチンはサプリメントで夜に摂取がオススメ

・コラーゲン、ポリフェノールを一緒に摂るとさらに効果アップ

 

*1 Biomolecules. 2023 Mar; 13(3): 574.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC10046833/

*2 Aesthet Surg J Open Forum. 2021 Sep; 3(3): ojab019.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8239663/

*3 Cosmetics 2022, 9(3), 51; https://doi.org/10.3390/cosmetics9030051

https://www.mdpi.com/2079-9284/9/3/51

*4 J Cardiovasc Transl Res. Author manuscript; available in PMC 2013 Jun 1.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3383658/

*5 Nature Communications  14, Article number: 4416 (2023) 

volume

https://www.nature.com/articles/s41467-023-39934-z

*6  Vasc Health Risk Manag. 2010; 6: 215–228.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2856577/ 

*7 cosmetics 2023 , 10 (5), 142 https://doi.org/10.3390/cosmetics10050142

https://www.mdpi.com/2079-9284/10/5/142

*8 日本食品科学工学会誌 2011 年 58 巻 4 号 p. 159-163

https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010810996.pdf

*9 Skin Res Technol. 2024 Mar;30(3):e13634.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38481080/

*10 J Photochem Photobiol B. 2020 Sep:210:111964.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32717457/

*11 J Drugs Dermatol. 2008 Feb;7(2 Suppl):s12-6.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18404866/

*12 J Dermatol Sci. 2021 May;102(2):94-100. 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33766446/

*13 J Vasc Surg. 2017 Jun;65(6):1803-1812.e2.

https://www.jvascsurg.org/article/S0741-5214(16)30419-0/fulltext

解説

薬剤師 齊藤 桂丞

薬剤師。研修認定薬剤師。コスメコンシェルジュ。
慶應義塾大学薬学部卒業 薬局薬剤師の勤務経験を活かし、現在は商品開発とマーケティングを担当。サプリメントや医薬品の豆知識を周囲に伝えるのが趣味。